理事長所信

一般社団法人 大和郡山青年会議所

​第47代理事長 綾木 健人

40年代運動指針

自然と歴史と文化が息づき、自立と共助の精神が調和する、

希望と感謝の心溢れる大和郡山の実現

 

「 守 破 離 」

~自己の成長 そして創造者となれ

【はじめに】

 大和郡山青年会議所が設立され47年目を迎え、先輩諸兄が築き上げてこられた信頼を継承していきながら、さらに今の時代にあった運動を展開していかなければなりません。

大和郡山市においても、人口減少や少子高齢化等の問題を抱えていますが、これらの問題は、市民がまちに対しての愛着が持てず他人任せにしたり、自分以外のことに関心がないことが起因しているのではないでしょうか。このような問題を解決していく為の運動の展開は、我々の責務と考えます。青年会議所がある時代から、青年会議所もある時代になった今、私たちはどのようなニーズにも応えられる「創造者」でなければなりません。

 今年度は「守破離」をスローガンに挙げて活動してまいります。守破離とは、個人の成長のプロセスを「守」「破」「離」の三段階で表したものです。まずは教えられたこと、引き継がれてきたことを守る。そしてその型を破り、改善・改良に取り組んで工夫していく。最後にそこから離れ、新しい物を生み出していく。このような成長のプロセスをしっかりと認識し、「創造者」となるよう活動してまいります。

 

【会員拡大特別委員会】

 私達は決して先送りのできない会員減少の問題を抱えています。このような現状と真摯に向き合い、真剣に会員拡大に努めなければなりません。どのように会員を増やすかを考えることに時間を費やすよりも、一人でも多くの出会いの時間を大切にし、私達は行動しなければなりません。

 さまざまな団体がある中で、「修練」「奉仕」「友情」が根幹となる青年会議所だからこそ学ぶこと、得られることがたくさんあります。そのことを一人でも多くの候補者に自分自身の言葉で伝え、一人でも多くの候補者にJAYCEEを見てもらう必要があります。会員を増やす為だけの入会では本当の拡大ではなく、その人が成長してこそ本当の拡大だと考えます。メンバー自身が成長し、その姿に憧れや共感を抱いた候補者達が集まれば、私達の運動はさらに発展していくと確信しています。

 

【青少年まちづくり委員会】

 将来を担う子供達が、たくましく心豊かに成長することは、地域の人々全ての願いであると考えます。しかしデジタル社会といわれる現代において、インターネットやAIなど、様々な開発・発達により大変便利な時代になった一方で、便利さゆえに人間関係が希薄になっているのも確かです。また豊かになり欲しい物が何でも手に入るようになった現在、子供達の心は次第に自立しづらくなってきています。無限の可能性を秘めている子供達が心豊かに成長するために、一つでも多くの成長の機会を与えてまいります。

私達は、子供達の成長の機会を与えるとともに、子供達が成長できるまちづくりに対しても真剣に考え、今後の運動を展開していかなければなりません。子供達が心豊かに成長し、多くの子供達が地域に愛着を持つことで、地域がさらに発展していくことと確信しています。

 

【おわりに】

 青年会議所では多くの学びがありますが、ただ参加するだけでは自身が得られる物はありません。JCの活動の全てに意味があり、そのことをしっかりと理解し、自己の成長に繋げなければなりません。40歳までの限られた時間の中で、どれだけ学ぼうとするのかが大切です。多くのことを学ぼうとする者、学びはそれぞれ違いますが、卒業を迎える時、入会して良かったと思える活動をしてほしいと思います。

 大和郡山青年会議所の会員数は決して多くはありませんが、メンバーの強い想いがあれば、どんな事にも挑戦していけると確信しています。メンバーの強い想いが同志を奮い立たせ、同志が増えると地域を動かす原動力となることを信じてこの一年間を全うします。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now